ホーム >  製品情報

動物用透明化試薬 / Animal Tissue-Clearing Reagents

CUBIC-L(脱脂・脱色用)およびCUBIC-R+(透明化用)は東京大学・理化学研究所の上田泰己教授らによって開発され,理化学研究所のライセンスを受けて製品化したものです。

透明化には、CUBIC-L(製品コード:T3740 )とCUBIC-R+(製品コード:T3741)の両製品が必要です。

特長

マウス全身の透明化が可能 (脱脂・脱色用のCUBIC-L,透明化用のCUBIC-R+)

蛍光シグナルを保持

操作時間をより短く

光シート顕微鏡(LSFM)や共焦点レーザー顕微鏡(CLSM)と組み 合わせることにより,細胞解像度でのイメージングが可能

使用例:マウス全身透明化

 
CUBICにより透明化したマウス全身

図1. CUBICにより透明化したマウス全身(左),透明化とヨウ化プロピジウム(PI)による染色したマウス全身(右)

《マウス全身透明化の流れ》
マウス全身透明化の流れ
《マウス全身透明化と染色の流れ》
1)簡易染色(脱脂中に染色)の場合   使用例:ヨウ化プロピジウム(PI)による核染色
マウス全身透明化と簡易染色の流れ
2)後染色(脱脂後に染色)の場合   使用例:RedDot2による核染色
マウス全身透明化と後染色の流れ

ページトップへ

使用例:マウス臓器透明化

CUBICにより透明化したマウスの全脳

図2. CUBICにより透明化したマウス全脳(左),透明化と核染色・免疫組織染色したマウス全脳(右)

《マウス臓器透明化の流れ》
マウス臓器透明化の流れ
《マウス臓器透明化と染色の流れ》
使用例:免疫組織染色

ページトップへ


プロトコールも記載した製品パンフレットはこちら

ページトップへ