ホーム >  製品情報

化学 / Chemistry

 有機合成の歴史は,1828年ウェーラーの尿素の合成により始まったと言われています。それ以来,およそ180年の歴史の中で有機合成は飛躍的な進歩を遂げ,種々の新しい反応や触媒,エナンチオマーの一方を効率よく合成する手法などが開発されています。こうした新しい反応や触媒,酸化剤,還元剤,縮合剤,保護剤などを巧みに利用し,有益な有機化合物が続々と生み出され,実用に供されています。また,近年,環境にやさしい有機合成,グリーンケミストリーへの取り組みが活発に行われており,ポリマー担持合成試薬,フルオラス溶媒,イオン液体などの利用が研究されています。取扱い試薬を酸化反応,還元反応,縮合反応などに用いられる試薬や保護剤,金属触媒,ポリマー担持合成試薬などに分類いたしました。

ページトップへ