ホーム > ストリゴラクトン受容体に作用する蛍光性アゴニスト “ヨシムラクトングリーン”

ストリゴラクトン受容体に作用する蛍光性アゴニスト “ヨシムラクトングリーン”

ヨシムラクトングリーン (YLG)は,アフリカなどで深刻な農業被害をもたらしている寄生植物ストライガの寄生先を感知するタンパク質
「ストリゴラクトン受容体」に作用する,蛍光性アゴニストです。

ヨシムラクトングリーンを用いたストリゴラクトン受容体の検出メカニズム

ヨシムラクトングリーンを用いたストリゴラクトン受容体の検出メカニズム

使用例

インビトロアッセイ・イメージングに簡便な方法です。

  【測定条件】   使用濃度:1mM YLG
反応緩衝液:100mM HEPES, 150mM NaCl, pH 7.0
蛍光測定:Ex.=480 nm, Em.=520 nm

ヨシムラクトングリーン使用例

参考文献

  • Y. Tsuchiya, M. Yoshimura, Y. Sato, K. Kuwata, S. Toh, D. Holbrook-Smith, H. Zhang, P. McCourt, K. Itami, T. Kinoshita, S. Hagihara, Science 2015, 349, 864.

本製品は,名古屋大学 萩原伸也特任准教授との共同開発により製品化されました。