text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

疾患モデル動物作製用試薬

 医薬品、健康食品などの分野における研究開発において、有効成分の薬効・薬理あるいは効能・効果を調べるために、疾患モデル動物が利用されています。
 ヒト疾患と同じような症状が起こるよう作製された疾患モデル動物は、重要な研究開発材料の一つとして位置付けられています。
 マウス、ラット、イヌなどの動物における疾患モデルの作製方法の一つとして、化学物質を用いて誘発する方法が知られています。 発がんモデル、中枢神経系疾患モデル、炎症・免疫疾患モデル、生活習慣病モデルなど、各種疾患モデル動物の作製にご使用いただける試薬をラインナップいたしました。是非ご利用ください。

pdf