text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

バイオフィルム用透明化試薬

バイオフィルム透明化試薬 iCBiofilm

製品

ページトップへ


特長

  • 本製品を添加するだけでバイオフィルムを透明化
  • 様々な菌種のバイオフィルムに対応可能
  • 透明化後のバイオフィルムは,光シート顕微鏡(LSFM)や共焦点レーザー顕微鏡(CLSM)によって3次元で観察可能

ページトップへ


使用後の観察例

PBSまたはiCBiofilm-H1を加えて撮影したMRSAの画像

図. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSAを37°Cで一晩培養後,室温で30分間固定し,FM1-43により4°Cで一晩染色し,洗浄後にPBSまたはiCBiofilm-H1を加えて撮影した画像
(FMはThermo Fisher Scientific Inc.の登録商標です。)


使用方法

iCBiofilm-H1(製品コード:T4031)は多くのバイオフィルムを透明化させるのに適した試薬です。iCBiofilm-H1での透明化が弱い場合,iCBiofilm-H2(製品コード:T4032)をお使いください。iCBiofilm-H2は高い成分濃度で調製されているので,使用直前にイオン交換水で適宜希釈してください。希釈割合は,iCBiofilm-H2 : イオン交換水 = 1 : 1 - 2 : 1です。 iCBiofilm-H2を希釈せずそのまま添加してうまく透明化する場合もあります。

<透明化手順>

  1. バイオフィルムを形成する微生物を用意する。
  2. 直径35mmのガラス底培養皿にバイオフィルムを形成させる。
  3. 培養皿から培地を取り除き,PBSで希釈した1%グルタルアルデヒド溶液を加えて固定する。免疫染色を行う場合は,抗原性を保持するためにPBSで希釈した4%パラホルムアルデヒド溶液を加えて固定する。
  4. 固定液を取り除き,PBSまたはイオン交換水で3度洗浄する。
  5. 細胞を染色する場合は,ここで染色液を加えて染色する。
  6. 染色液を取り除き,iCBiofilm溶液を加える。
  7. 顕微鏡で観察する。

ページトップへ


使用例の動画

本製品は,東京慈恵会医科大学の杉本真也 准教授らの技術指導により製品化されました。
図および動画は,杉本真也 准教授からご提供頂いたものです。

ページトップへ


製品パンフレット

ページトップへ


pdf
2 件表示( 件中)
詳細を見る:  リスト