text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

CAS RN: 2975-41-9 | 製品コード: A1320

2-Aminoindan


純度(試験方法): >99.0%(GC)(T)
指定薬物
別名:
  • 2-アミノインダン
  • 2-インダンアミン
  • 2-Indanamine
ドキュメント:
5G
¥9,700
≥20  2   ≥20 
25G
¥31,000
19   お問い合わせ お問い合わせ

・川口,尼崎の在庫は即日,保管在庫は2〜3営業日以内の出荷となります。 川口,尼崎の配送対象エリア は各々異なります。
・納期に関するご質問につきましては営業部までお問い合わせください。 [本社営業部]Tel: 03-3668-0489 [大阪営業部]Tel: 06-6228-1155
・キロ~トンスケールの量をご入用の場合は,「大量製造見積依頼」ボタンをクリックし専用フォームでお問い合わせください。一部の製品についてはご希望に添えない場合もございますので,予めご了承ください。
・弊社では常に保管条件を最適化するための見直しを行っています。最新の製品保管条件はホームページ上に記載されたものとなりますので,ご了承ください。


Note:

本品は、薬事法で定める「指定薬物」に該当しており、疾病の診断、治療又は予防の用途及び人の身体に対する危害の発生を伴うおそれがない用途として厚生労働省令で定めるもの(以下、「医療等の用途」)以外の用途に供するための、製造、輸入、販売、授与、又は販売若しくは授与の目的での貯蔵、若しくは陳列が禁止されています。注1)
弊社では、本品が「医療等の用途」に用いられることを担保するため、ご注文の際に「指定薬物指定用途確認証」注2) を弊社宛てにご提出いただいております。

注1) 平成26年4月1日より指定薬物の所持、使用、購入、譲り受けが新たに禁止されました。 違反した場合、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれらが併科されます。
注2)確認証の様式につきましては、弊社営業部までお問い合わせください。

なお、本品について定められている「医療等の用途」は、以下のとおりです。

【医療等の用途】

(全指定薬物共通の用途)
(1)次に掲げる者における学術研究又は試験検査の用途
[1] 国の機関
[2] 地方公共団体及びその機関
[3] 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する大学及び高等専門学校並びに国立大学法人法(平成15年法律第112号)第2条第4項に規定する大学共同利用機関
[4] 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人及び地方独立行政法人(平成15年法律第118号)第2条第1項に規定する地方独立行政法人
(2)薬事法第69条第4項に規定する試験の用途
[厚生労働大臣、都道府県知事、保健所を設置する市の市長又は特別区の区長(厚生労働大臣、都道府県知事、保健所を設置する市の市長又は特別区の区長から試験を委託された試験機関を含む)が行う収去試験]
(3)薬事法第76条の6第1項に規定する検査の用途
[厚生労働大臣、都道府県知事又はそれらの指定する者が行う指定薬物である疑いがある物品の検査]
(4)犯罪鑑識の用途

(物質毎に定められている用途)
(1)元素又は化合物に化学反応を起こさせる用途

製品コード A1320
純度(試験方法) >99.0%(GC)(T)
分子式・分子量 C__9H__1__1N = 133.19  
物理的状態(20℃) 液体
不活性ガス充填 不活性ガス充填
避けるべき条件 光,空気
CAS RN 2975-41-9
Reaxys Registry Number 2082479
PubChem Substance ID 87562780
MDL番号

MFCD00082597

規格表
外観 無色~紫色~褐色透明液体
純度(GC) 99.0 %以上
純度(中和滴定) 99.0 %以上
物性値(参考値)
沸点 229 °C
比重 1.03
屈折率 1.56
水への溶解性 僅かに溶ける
GHS
絵表示 Pictogram
注意喚起語 危険
危険有害性情報 H314 : 重篤な皮膚の薬傷及び眼の損傷
注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。
P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。
P280 : 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。
P303 + P361 + P353 : 皮膚(又は髪)に付着した場合:直ちに汚染された衣類を全て脱ぐこと。皮膚を流水/シャワーで洗うこと。
P301 + P330 + P331 : 飲み込んだ場合:口をすすぐこと。無理に吐かせないこと。
P363 : 汚染された衣類を再使用する場合には洗濯をすること。
P304 + P340 + P310 : 吸入した場合:空気の新鮮な場所に移し,呼吸しやすい姿勢で休息させること。 直ちに医師に連絡すること。
P305 + P351 + P338 + P310 : 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続けること。直ちに医師に連絡すること。
P405 : 施錠して保管すること。
法規情報
薬事法 (指定薬物) 指定薬物
消防法 危-4-3-III
輸送情報
UN番号 UN2735
クラス 8
包装等級 III
PubMed Literature


関連書類
SDS検索
言語を選択してください。

SDSが見つかりません。

• 入力した製品コードが正しいことをご確認ください。

• 製品コードが正しいにもかかわらず  SDSを閲覧することができない場合は, こちらのフォーム よりお問い合わせください。

試験成績書・各種証明書検索
ロット番号を入力してください ロット番号が正しくありません
その他の書類