text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

カルボニル化合物のα-アシロキシ化反応

石原らは,(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いたカルボン酸によるカルボニル化合物のα-アシロキシ化反応を報告しています。それによれば,触媒量のテトラブチルアンモニウムヨージドと共酸化剤である過酸化水素またはtert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)から系中で(次)亜ヨウ素酸塩が生成し,これが触媒となってα-アシロキシ化反応が進行すると考えられます。この反応は温和な条件下で行えるため,副反応が進行せず,高収率で目的物が得られます。ケトン,アルデヒド,1,3-ジカルボニル化合物など幅広い基質に適用可能です。

文献