text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

蛍光タンパク質観察に最適な植物透明化試薬 iTOMEI

手間をかけずに蛍光タンパク質を明瞭に観察したい方へ

植物透明化手法「TOMEI」1)を蛍光タンパク質の観察へ特化させた「improved TOMEI (iTOMEI)」は,松永研究室で開発された透明化の簡便さと明瞭に蛍光タンパク質を検出する機能を併せ持つ透明化手法です2,3,4)
TCIでは,このiTOMEIに適した試薬をご用意しました。

共焦点顕微鏡で得られたシロイヌナズナ葉の光学切片画像

図1. 共焦点顕微鏡で得られたシロイヌナズナ葉の光学切片画像
PBS処理のみよりも,iTOMEI処理サンプルではH2B-GFPを発現させた細胞核をより深部まで検出できています。


iTOMEI処理前後のシロイヌナズナ比較画像

図2. iTOMEI処理前後のシロイヌナズナ比較画像
(左)処理前,(右)iTOMEI処理により透明化されたシロイヌナズナ

ページトップへ

特長

  • 漬けておくだけで簡単かつ短時間 (2日~) に透明化が完了
  • GFP,tdTomatoなど蛍光タンパク質の蛍光を保持
  • 自家蛍光を抑制
  • イネ,シロイヌナズナ,ゼニゴケ等幅広い植物種に適用可能

ページトップへ

使用例

準備 【試薬】
  • 1% PFA / PBS (用時調製)
  • PBS
  • 脱色液(Tissue-Clearing Reagent iTOMEI-D [for Plants])
  • 封入液:ご使用される対物レンズの屈折率に合わせたものをご使用ください。
    Tissue-Clearing Reagent iTOMEI-M (RI 1.40) [for Plants]はシリコーンオイル(屈折率1.40)浸漬対物レンズに適応しています。
    (使用例の画像はIohexol溶液を封入液としています。)
固定 1% PFA / PBS中で室温で1時間固定する。 ※1
(サンプルが地上部の場合は脱気を行う)
Wash 固定液を取り除いた後にPBSを添加し,室温で5分間静置する。
同様の操作を2回行う。
脱色 PBSを取り除き,脱色液を添加後,遮光し室温で24時間穏やかに振盪する。※1
Wash 脱色液を取り除いた後PBSを添加し,室温で5分間静置する。
同様の操作を2回行う。
染色 染色液にサンプルを浸漬後,遮光し室温で静置する。※2
Wash 染色液を取り除いた後PBSを添加し,室温で5分間静置する。 同様の操作を2回行う。
透明化 PBSを取り除き,封入液を添加後,遮光し室温で60分間穏やかに振盪する。※3
封入 スライドガラス上にサンプルと封入液を置き,カバーガラスでフタをして, 余分な封入液をふき取ってその淵をマニキュアなどで密封し,観察する。
 

※1 サンプルの種類や大きさによって適切な処理時間や濃度をご検討いただく必要があります。

※2 DAPI染色の場合は5µg/mLで30分,Calcofluor White染色の場合はCalcofluor White M3R 1g/L,Evans Blue 0.5g/Lで10分が目安ですが,目的などに合わせて濃度・処理時間を 調整してください。

※3 浸透圧変化を緩やかにしたい場合は濃度の薄い封入液での段階置換を検討してください。

ページトップへ

より短時間(2~3時間)で透明化可能な試薬

蛍光色素染色のみで観察する方へ

T3530
Tissue-Clearing Reagent TOMEI [for Plants]

ページトップへ

参考文献

ページトップへ