ホーム >  製品情報

シクロパラフェニレン / Cycloparaphenylenes

 シクロパラフェニレン(CPP)はベンゼン環をパラ位で環状につなげた化合物で,カーボンナノリングとも呼ばれます。この構造はカーボンナノチューブ(CNT)の最小構成単位に相当する分子で,基礎化学のみならず材料科学などの応用分野からも注目されています。CPPはそのリングサイズを変えることによりHOMO-LUMOギャップが変化し,光吸収,発光の性質も変化することが知られています1)。CPPは超分子ホスト材料として機能し,リング内の空間にようヨウ素2)やフラーレン3)を取り込むことで,包接体を形成する例が報告されています。CPPの官能基化4),CPPを出発原料とするCNTのボトムアップ合成5)なども報告されています。

ページトップへ