ホーム >   製品情報   >  詳細検索

1,3-Cyclohexanedione [for HPLC Labeling]
(CAS RN:504-02-9 製品コード:A5581)

構造式

1,3-Cyclohexanedione
和名 1,3-シクロヘキサンジオン

基本情報

製品コード A5581 化審法:(9)-519

・川口,尼崎の在庫は即日,保管在庫は2〜3営業日以内の出荷となります。 川口,尼崎の配送対象エリアは各々異なります。配送対象エリアについて
・詳細につきましては,お手数ですが営業部までお問い合わせください。
 本社営業部 Tel: 03-3668-0489 E-mail: Sales-JP@TCIchemicals.com
 大阪営業部 Tel: 06-6228-1155 E-mail: osaka-s@TCIchemicals.com
・キロ~トンスケールの量をご入用の場合は,右下の「大量製造見積依頼」ボタンをクリックし,専用フォームでお問い合わせください。一部の製品については,ご希望に添えない場合もございますので,予めご了承ください。
・弊社では,常に保管条件を最適化するための見直しを行っています。最新の製品保管条件はホームページ上に記載されたものとなりますので,ご了承ください。

純度/試験方法 >98.0%(GC)(T)
等級 Ace
保管温度 0-10°C
分子式・分子量 C6H8O2=112.13
CAS RN 504-02-9
関連CAS RN
MDL番号 MFCD00001585
容器
  • 製品詳細情報
  • 法規情報
  • 利用例

規格値

純度(GC) 98.0 %以上
純度(中和滴定) 98.0 %以上
融点 104.0 ~ 108.0 deg-C
水溶状 ほとんど澄明以内
HPLCラベル化効力テスト ホルムアルデヒド,アセトアルデヒド,プロピオンアルデヒド,n-ブチルアルデヒド,n-バレルアルデヒドに対しラベル化効力有

リファレンス

Beilstein 7(4)1985
Reaxys-RN 385888
PubChem SID 87563197
Merck Index(14) 3178
F&F 1,178
RTECS# GV0350000

GHS

絵表示
注意喚起語 警告
危険有害性情報
  • H302
  • :飲み込むと有害
注意書き
  • P264
  • :取扱い後は手や顔をよく洗うこと。
  • P270
  • :この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。
  • P301+P312+P330
  • :飲み込んだ場合:気分が悪い時は、医師に連絡すること。口をすすぐこと。
  • P501
  • :内容物や容器を、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に委託すること。

法規情報

化審法 (9)-519

利用例

HPLC用ラベル化剤(カルボニル基用)

 1はHPLC用蛍光ラベル化剤で,カルボニル基と速やかに反応し,デカヒドロアクリジン-1,8-ジオン(DHA)誘導体を形成する。この誘導体は安定で,逆相HPLC条件下で分解することなく検出器に到達する。λex 366 nm,λem 440 nmで蛍光検出測定することにより,良好なクロマトグラムが得られる。

応用例
[脂肪族アルデヒド]1, 2)
 酢酸5 mLと酢酸アンモニウム10 gを蒸留水50 mLに溶解し,ラベル化剤1 0.25 gを加え,混合,溶解させる。脂肪族アルデヒド10~30 ngを含む水溶液(長鎖アルデヒドではエタノール溶液)1 mLに,ラベル化剤溶液2 mLを加える。60 ℃で30分間反応させ,その1 μLを採取しHPLC試料とする。
製品パンフレットはこちら
HPLC用ラベル化剤 ( PDF 4.1MB )

文献

ページトップへ