ホーム >   製品情報   >  詳細検索

2-Hydroxy-2-azaadamantane
(CAS RN:1155843-79-0 製品コード:H1404)

構造式

2-Hydroxy-2-azaadamantane
別名 (英名) AZADOL®
和名 2-ヒドロキシ-2-アザアダマンタン

基本情報

製品コード H1404

・川口,尼崎の在庫は即日,保管在庫は2〜3営業日以内の出荷となります。 川口,尼崎の配送対象エリアは各々異なります。配送対象エリアについて
・詳細につきましては,お手数ですが営業部までお問い合わせください。
 本社営業部 Tel: 03-3668-0489 E-mail: Sales-JP@TCIchemicals.com
 大阪営業部 Tel: 06-6228-1155 E-mail: osaka-s@TCIchemicals.com
・キロ~トンスケールの量をご入用の場合は,右下の「大量製造見積依頼」ボタンをクリックし,専用フォームでお問い合わせください。一部の製品については,ご希望に添えない場合もございますので,予めご了承ください。
・弊社では,常に保管条件を最適化するための見直しを行っています。最新の製品保管条件はホームページ上に記載されたものとなりますので,ご了承ください。

純度/試験方法 >98.0%(GC)(T)
等級
保管温度
分子式・分子量 C9H15NO=153.23
CAS RN 1155843-79-0
関連CAS RN
MDL番号
容器

製品説明

AZADOL®は日産化学工業株式会社の登録商標です。
  • 製品詳細情報
  • 法規情報
  • 利用例

規格値

純度(GC) 98.0 %以上
純度(非水法) 98.0 %以上

リファレンス

Reaxys-RN 21286916
PubChem SID 172089100

利用例

AZADOを触媒として用いる隣接ジオールから(ジ)カルボン酸へのワンポット酸化的開裂反応

実験例 (R1 = BzO(CH2)7-, R2 = H):安息香酸9, 10-ジヒドロキシデシル (30.0 mg, 0.102 mmol) のCH2Cl2 (0.26 mL) と水 (0.26 mL) の0 ºC溶液にAZADOL (1.6 mg, 0.0102 mmol) と PhI(OAc)2 (164 mg, 0.510 mmol) を加える。反応溶液を室温に加温して1時間撹拌する。次いで,10%塩酸を加えてからCH2Cl2で抽出する。有機層を合一して飽和食塩水で洗浄してからMgSO4で乾燥する。有機層を減圧濃縮して得られる粗生成物をシリカゲルカラムクロマトグラフィー (溶離液:AcOEt/ヘキサン = 1/8~EtOAc) で精製すると9-(ベンゾイルオキシ)ノナン酸 (26.8 mg, 0.0963 mmol, 94%) の白色固体が得られる。

文献

TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

文献



開発者の岩渕好治先生のサイトにてAZADOの詳しい取扱い方が公開されています。
>> 東北大学大学院薬学研究科 分子制御化学講座 合成制御化学分野HP

ページトップへ