2017/5/30 TCIニュース 5月30日号

「TCIニュース」 は,試験・研究用試薬やクロマト関連製品をお使いの皆さまに,新製品情報やその他お役立ち情報を,隔週でお届けしています。

[製品リーフレット] 光で反応して結合するクロスリンカー

光で反応して結合するクロスリンカー
ジアジリンやフェニルアジドなど光反応基をもつクロスリンカーを紹介した資料です。UV光照射により反応性の高い中間体が生成するので,生体分子の光親和性標識に広く用いられています。

・360nmのUV光照射で架橋するジアジリン誘導体を複数紹介
・光反応基の特性を官能基別に詳しく解説
・生体分子の光親和性標識法に最適

関連情報

有機合成関連製品

注目論文から

光レドックス触媒を用いるアルキンの直接的トリフルオロメチル化 / クロロ化反応

Hanらは,青色LEDと Ir(ppy)3 錯体触媒による光レドックス反応を活用するトリフルオロメタンスルホニルクロリドとアルキン類の直接的トリフルオロメチル化 / クロロ化反応を報告しています。それによると,アリール基が置換したアルキン類を用いて本反応を行なうと,温和な条件下で光レドックス反応が進行し,トリフルオロメチル基とクロロ基が位置選択的に置換した四置換アルケンを与えます。本反応は光レドックス触媒により,トリフルオロメタンスルホニルクロリドからトリフルオロメチルラジカルと塩化物イオンが生成し,続くアルキン類との反応ではクロロ基がアリール基側の炭素に選択的に導入されます。この反応で得られるクロロ基置換四置換オレフィン類は,カップリング反応により1,1-ジアリールアルケンに誘導できることから,機能性材料研究などへの応用が期待されます。
 T1027, T1946

文献

ご紹介した化合物について,さらにお知りになりたい方はウェブページをご覧ください。 文献のAbstractは “利用例”タブにあります。

製品ハイライト

Grignard試薬の酸化的二量化に用いられる有機触媒

高度にフッ素化されたシクロペンテン誘導体(1)は,是永らによって開発された化合物で,Grignard試薬の酸化的二量化反応の触媒として用いることができます。触媒量の1を用いることでアリールGrignard試薬をはじめ,ビニルGrignard試薬やベンジルGrignard試薬の酸化的二量化が収率よく進行します。この反応では,初めに1が4電子酸化剤として機能し,4分子のGrignard試薬を二量化させながら,1はアニオン種2へ変換されると推測されています。続いて2が空気中の酸素によってラジカル種3に酸化され,これがGrignard試薬を二量化し,2に戻ることで触媒サイクルが成立すると考えられています。このように,1は空気を共酸化剤に用いてGrignard試薬を二量化するグリーンな触媒として,今後の利用が期待されます。
B5426

文献

ご紹介した化合物について,さらにお知りになりたい方はウェブページをご覧ください。 文献のAbstractは “利用例”タブにあります。

有機合成関連試薬新製品

前号メルマガ以降の新製品から,3品目をピックアップしてご紹介します。
ウェブページでは,毎週新製品情報を更新しています。過去2か月分の新製品がご覧いただけます。
» 新製品情報
» 上記以外の有機合成関連製品はこちら

ライフサイエンス関連製品

ライフサイエンス向け試薬新製品

前号メルマガ以降の新製品から,3品目をピックアップしてご紹介します。
ウェブページでは,毎週新製品情報を更新しています。過去2か月分の新製品がご覧いただけます。
» 新製品情報
» 上記以外のライフサイエンス関連製品はこちら

製品詳細ページ “利用例” 紹介

東京化成工業のライフサイエンス関連製品より,最近公開した利用例を紹介します。各製品詳細ページにある “利用例” のタブをクリックするとご覧いただけます。

腫瘍性組織の可視化剤
» 5-アミノレブリン酸塩酸塩(製品コード:A0325)

緑膿菌 (Pseudomonas aeruginosa) に対しても抗菌力を示すカルバペネム系抗生物質
» ビアペネム(製品コード:B5522)

イブプロフェンの活性エナンチオマー
» (S)-(+)-イブプロフェン(製品コード:I0549)

マウス抗-ヒトIgG Fc
» マウス抗-ヒトIgG Fc(製品コード:M2977)

ジベレリン生合成阻害剤
» パクロブトラゾール(製品コード:P2299)

ご注文は,取扱店で承ります。
» 取扱店一覧

試薬リストにない化合物の合成 (受託合成) や,東京化成工業試薬の大量製造 (スケールアップ) についても,ぜひご相談ください。
» 受託合成・大量製造サービス
当メールマガジン掲載の製品をはじめ,当社の試薬はすべて試験・研究のみにお使いください。

分析関連製品

[HPLCカラム] “TCI Dualシリーズ” による金属イオンの分析例

  ミックスモードカラムTCI Dualシリーズは固定相にODS基とイオン交換基が導入されているので疎水性相互作用に加え、イオン交換作用も分析種に対して働きます。下記は通常ODSカラムでは分析できない1価および2価の金属イオン類を荷電化粒子検出器 (Corona CAD) を用いて分析した例です。
金属イオンの分析例

TCI総合カタログ “Research Chemicals”,TCI試薬ガイド “Reagent Guide”

TCI総合カタログ"Research Chemicals",分野別に編集したTCI試薬ガイド"Reagent Guide"の郵送を承ります。
» 「総合カタログ」,「Reagent Guide」 郵送のお申込みはこちら

TCI試薬ガイド"Reagent Guide"は,PDF版もご用意しています。
» 「有機合成化学・機能性材料 編」 ダウンロード ( PDF 13MB ) はこちら
» 「バイオサイエンス・アナリティカルサイエンス 編」 ダウンロード ( PDF 15MB ) はこちら

[NEW]有機トランジスタ材料の性能評価 -評価例にフラーレンC60を追加しました

有機トランジスタ材料は,有機電子材料の中でも特に高い純度が求められますが,溶解性や安定性に問題がある材料は既存の分析手法で純度を求めることが困難です。弊社では,お客様が安心して材料をお使いいただけるよう,自社で製造した材料の性能測定を開始しました。

受託合成のご案内

東京化成工業では,様々な化合物の合成を承ります。

TCIカタログにはない化合物の合成
おもな対応分野: ライフサイエンス,糖鎖,マテリアルサイエンス
対応可能量: ラボスケールの合成からトンスケールの製造,継続生産まで

TCI製品のスケールアップ
試薬の純度のまま,キロ~トンレベルへのスケールアップが可能です。

お見積は無料です。化合物でお困りの際は,ぜひご相談ください。
E-mail: finechemicals@TCIchemicals.com   TEL: 03-5651-5171

学会・展示会 出展情報

第66回高分子学会年次大会

開催日:2017年5月29日(月)~5月31日(水)        会場:幕張メッセ
» TCI出展情報      » 展示会サイト

第311回 液体クロマトグラフィー研究懇談会【講演】

開催日:2017年5月31日(水)                                会場:東洋製罐グループホールディングス株式会社本社2F会議室201
演題:ポリマレイミド系光学活性体分離用カラムの有効な化合物と使い方
» TCI出展情報      » 展示会サイト

第58回日本神経病理学会総会学術研究会

開催日:2017年6月1日(木)~6月3日(土)            会場:学術総合センター (一橋講堂)
» TCI出展情報      » 展示会サイト

日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会

開催日:2017年6月7日(水)~6月9日(金)            会場:北海道大学 クラーク会館
» TCI出展情報      » 展示会サイト

第111回有機合成シンポジウム2017年【春】

開催日:2017年6月8日(木)~6月9日(金)            会場:岡山大学 (津島キャンパス) 創立五十周年記念館
» TCI出展情報      » 展示会サイト

第67回日本電気泳動学会シンポジウム

開催日:2017年6月9日(金)                                  会場:産業技術総合研究所 臨海副都心センター (別館11階会議室)
» TCI出展情報      » 展示会サイト

平成29年度 前期(春季)有機合成化学講習会

開催日:2017年6月14日(水)~6月15日(木)        会場:日本薬学会 長井記念館 長井記念ホール
» TCI出展情報      » 展示会サイト

第11回in-PHARMA JAPAN 医薬品原料 国際展

開催日:2017年6月28日(水)~6月30日(金)        会場:東京ビッグサイト
» TCI出展情報      » 展示会サイト

ケムステ記事ピックアップ — 光親和性標識 Photoaffinity Labeling (PAL)

今号のケムステ記事ピックアップでは,本メールマガジンに掲載している製品リーフレットに関連して,光親和性標識(光アフィニティ—ラベル)に関する記事を紹介します。

(記事協力:Chem-Station)

メールマガジン「TCIニュース」会員情報更新のお願い

日頃は,弊社メールマガジン「TCIニュース」をご愛読くださり,誠にありがとうございます。新年度となり,ご就職やご異動で,所属先が変更になった方も多くいらっしゃると思います。その場合も引き続きご案内ができるよう,会員情報に変更がございましたら,以下の方法で情報の更新をお願いいたします。
●MyTCIに会員登録されている場合
マイページにログインし,送信先アドレスの変更や配信の解除等,会員情報の変更をお願いいたします。(ログイン後のページの右上に「会員情報の変更」のボタンがあります。)
●MyTCIに会員登録していない,または登録しているか不明の場合
下記内容をご入力の上,本メールを直接ご返信をお願いいたします。
【Email】,【姓】,【名】,【勤務先/在学先】,【部署/専攻】,【役職/学年】,【郵便番号】,【所在地】

お手数ですが,ご協力のほど,よろしくお願いいたします。

また、ご同僚にTCIニュースを購読希望の方がいらっしゃいましたら、以下のフォームよりご登録いただけますので、是非とも本メールを転送お願いいたします。

お問い合わせ先

ご購入に関するご質問

<営業部> TEL:03-3668-0489  FAX:03-3668-0520   » E-mail:Sales-JP@TCIchemicals.com

<大阪営業部> TEL: 06-6228-1155  FAX: 06-6228-1158   » E-mail:osaka-s@TCIchemicals.com

»TCIなんでも質問箱質問フォーム

メールマガジン「TCIニュース」に関するご質問

<マーケティング室> TEL:03-5640-8858  FAX:03-3662-2805 » E-mail:TCIeNewsletter@TCIchemicals.com

今回ご案内をお送りしたE-mailアドレス:
<{!Lead.Email}>

このメールは,メールマガジンの配信や「TCIメール」の送付を承諾いただいた方,名刺等を交換させていただいた方等へ配信しております。
送信先アドレスの変更,配信停止などの方法につきましては下記をご参照ください。
なお,手続きの都合上,反映までしばらくお時間をいただく場合もございますが,ご容赦ください。

●MyTCIに会員登録されている場合 マイページにログインし,送信先アドレスの変更や配信の解除等,会員情報の変更をお願いいたします。(ログイン後のページの右上に「会員情報の変更」のボタンがあります。)

» MyTCI会員 ログイン

●MyTCIに会員登録していない,または登録しているか不明の場合 送信先アドレスの変更の場合は,件名にメールアドレス変更とご記入,本文に変更後の送信先アドレスを追記の上,当メールを返信お願いいたします。その際,上記の"今回ご案内をお送りしたE-mailアドレス"は削除されないようお願いいたします。 "今回ご案内をお送りしたE-mailアドレス"が記載されていない場合は,配信停止や変更の手続きが行えませんので,ご注意ください。 今後,弊社からのEメールによる各種案内がご不要の場合は,件名にメール配信停止とご記入の上,当メールを返信してください。

» TCIeNewsletter@TCIchemicals.com

東京化成工業株式会社 マーケティング室 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-10-2 TEL: 03-5640-8858 FAX: 03-3662-2805

» TCIeNewsletter@TCIchemicals.com

» http://www.TCIchemicals.com