ホーム > 製品情報 > 今週の注目論文・製品 > 今週の注目論文・製品 2019年 > オリゴヌクレオチドの三リン酸化に有用なリン化合物

オリゴヌクレオチドの三リン酸化に有用なリン化合物

5-クロロサリゲニル-N,N-ジイソプロピルホスホロアミダイト (1)およびビス(テトラブチルアンモニウム)ピロリン酸二水素 (2)は,両者を組み合わせて反応させることでオリゴヌクレオチドの5'位水酸基に三リン酸基を導入することができます。BTT存在下,1とオリゴヌクレオチドを縮合してヨウ素酸化することで,環状リン酸エステル3を得ます。次に32を反応させて三リン酸体へ変換できます。両試薬は固相合成にも適用可能で,かつ,通常のオリゴヌクレオチド合成機で行うことができるため,核酸化学研究の強力なツールとなることが期待されます。

C3326,B5440

文献