ホーム > 製品情報 > 今週の注目論文・製品 > 今週の注目論文・製品 2019年 > イソシアン酸メチルの代替となるカルバミン酸誘導体

イソシアン酸メチルの代替となるカルバミン酸誘導体

メチルカルバミン酸N-スクシンイミジル(1)は,イソシアン酸メチルの代替試薬として用いることができ,アルコールやアミンと反応してN-メチルカーバメートやN-メチルウレアを合成できます。塩基存在下,アルコールやアミンに1を作用させると付加反応が進行して目的物を与えます。この反応は室温以下でも進行し,良好な収率で目的物が得られます。イソシアン酸メチルは農薬や化学製品の原料として用いられているものの,低沸点で非常に強い毒性があり,ラボスケールで扱う際には細心の注意が必要です。一方,1は固体で低毒性であるため,扱いが容易でより安全に用いることができます。

U0108_1

文献