ホーム > カタログダウンロード・出展情報 > 化学よもやま話 > 化学よもやま話 特別寄稿

化学よもやま話 特別寄稿

躍(をどる) ~素直さと明るさと情熱を~ 第2回

東京大学名誉教授 東京工業大学名誉教授 向山 光昭

高校生時代~大学生時代

 時代は戦争に向ってどんどん進んで行きました。高等学校1年の時には勤労奉仕が義務付けられましたので,埼玉県の農家に皆で行き,毎日畑に出てはイモを掘ったり,畑を耕したりしていました。講義などは一切なく,高等学校2年で東京に戻ると,水陸両用戦車を作る工場で12時間交代で働きました。今度は午後3~4時間授業があり,そのあとは工場近くの寄宿舎に戻って寝るというような生活でした。
 当時はまだ旧い学校制度で,中学は5年,高等学校3年,大学3年,そして大学院は特別研究生と呼ばれ,国から奨学金が支給されました。しかし私立の成蹊は,通常中学が5年のところを4年で終了できる特権がありました。さらに高校では2年間を勤労奉仕で過ごし,就学年数は1年間短縮されました。また,戦時下であったため大学の入学試験も免除されました。即ち自動的に成績の順で各大学に振分けられたのです。それは一見幸運でもあるようなのですが,人によっては自由競争の機会を奪われることにもなりました。当然小生は東京帝国大学の化学科を希望したのですが,中,高と遊び呆けていたつけが回って成績が届かず,東京工業大学に回されました。内心ひどくがっかりしていたところ,父親が「東工大には自分のよい友達が教授として沢山いるから」とかえって励ましてくれました。
 私が東京工業大学電気化学科に入学した頃,戦争はますます激しさを増し,殆ど毎日空襲があり,大学の建物も例外ではありませんでした。食糧難はもとより,あらゆる物資が不足し始め,実験用の用具,薬品ももちろん揃わず,学生達は否応無しに近郊の農家へ勤労奉仕に行き,たまねぎ等の農作物を作りました。
 戦争が1945年8月に終わっても食糧難は続いていました。幸運にも信州に田舎がありましたので,講義がない時は,時々田舎の新鮮な空気を吸いに行ってリラックスしたものです。理系の学生だったため兵役も優先順位があとの方でしたので,そうこうしているうち,どうにか学部を卒業しました。3年間ほとんど講義も実験もなく,勉強と言えるものはほとんどしないうちに卒業することになりましたが,一方それは私にゆっくり過ごす自由な時間を与えてくれました。田舎では食べ物もありましたし,映画を見たり,レコードを聴いたり結構楽しみもありました。当時はレコード等まだとても高価な時代でしたが,そのレコード板に録音している作曲家兼ピアニストの高木東六さん等にも疎開先で親しくお話等出来たことは貴重な体験でした。他にもメゾソプラノの大谷冽子さんやバリトンの宮本良平さんなどが居られ,小生が東京へ帰ってからもその時の御縁で「オペラ・アフターヌーン」を東京工業大学の講堂で開催したりしました。その時のお礼は,何と当時大変手に入りにくかった甘味料,「サッカリン」でした。またその入場料収益は有機化学のささやかなジャーナルを出版するために使いました。服部良一さんの解説が付いて,高木東六さんのピアノ伴奏によるオペラコンサートはまさしく大成功したものです。
 ちょうどその頃から私はまだおぼろげながらではありましたが,研究者としての道に惹かれはじめ,父の励ましもあり,さらに勉強を続けたいと思うようになっていました。
そこでついに生涯の師となる,星野敏雄先生に出会うことになったのです!

写真左 成蹊高校時代,写真右 恩師 星野敏雄先生(写真は向山光昭先生ご提供)

写真左 成蹊高校時代,写真右 恩師星野敏雄先生(写真は向山光昭先生ご提供)

執筆者紹介

向山 光昭 (Teruaki Mukaiyama)

 1927年長野県伊那市生まれ。1948年東京工業大学卒業,1953年学習院大学理学部化学科講師,1957年同助教授,1958年東京工業大学理学部化学科助教授,1963年同教授,1973年東京大学理学部化学教室教授,1987年退官,1987年東京理科大学理学部応用化学科教授,1992-2002年東京理科大学特任教授,2002-2009年社団法人北里研究所基礎研究所有機合成化学研究室名誉所員兼室長。
 日本化学会賞,恩賜賞,ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry,フランス国家功労章シュバリエ,文化勲章,文化功労者,藤原賞,全米科学アカデミー会員等,多数受賞。
2004年に喜寿を迎えられたこと,米国国立科学アカデミー外国人会員に選出されたことを記念し,有機合成化学協会「MUKAIYAMA AWARD」が創設される。
 日本化学会会長,有機合成化学協会会長等を歴任。ポーランド科学アカデミー外国人会員,フランス科学アカデミー外国人会員,西ドイツ・ミュンヘン工科大学自然科学名誉教授博士号,アメリカ科学アカデミー会員,日本学士院会員,日本化学会名誉会員,有機合成化学協会名誉会員,東京大学名誉教授,東京工業大学名誉教授,社団法人北里研究所名誉所員等。