ホーム > カタログダウンロード・出展情報 > FAQ・お問い合わせ先 > よくあるご質問

よくあるご質問

製品の取扱いについて

弊社製品に関するよくあるご質問とその回答をご紹介します。ご覧になりたい質問をクリックしてください。
1. 保管温度について知りたいのですが?
冷蔵または冷凍保管が必要な製品の場合,以下のように表示されます。
  0℃~10℃, <0℃, -20℃, -80℃
記載された保管温度下であっても,なるべく早い時期に使い切るようお願いいたします。保管温度の記載が無い場合も,15℃以下の冷暗所保管が原則です。
2. 使用期限を知りたいのですが?
原則として,試薬の使用期限や保証期限は設定しておりません。
その理由として,試薬は保管条件や極微量の不純物の混入などにより,時に意図しない経時変化を引き起こすことがあり,使用期限などを厳密に設定することが難しいことが挙げられます。
3. 冷蔵または冷凍保管が推奨されているのに保冷輸送されていないのですが?
保管時と輸送時の温度条件は,必ずしも同じではないことによるものです。輸送時の一時的な温度上昇であっても,品質に大きな影響を及ぼす恐れがある製品に保冷輸送を実施しています。
4. シリンダー容器に入った製品はどのように使用すれば良いのですか?
シリンダー容器(研究用小型ガスボンベ)には,バルブが付いていません。そのため,別売りのチャージバルブをご用意していただく必要があります。
セット方法などにつきましては,「研究用小型ガスボンベ」ページをご参照ください。

 【関連製品】
  ○チャージバルブ/Valve :製品コード V0030
  ○コネクター
   (反応装置と研究用小型ガスボンベとの間を接続するために用います。)
    コネクター(常圧用)/Tube Connector :製品コード V0070
    コネクター(加圧用)/Pipe Connector :製品コード V0071

5. オンラインカタログ記載の物性値と実測値が異なるのですが?
実測値以外に文献値を収載していることによるものです。オンラインカタログ記載の物性値は規格値ではなく,あくまでも参考値です。なお,文献値には値の後ろに(Lit.)を表示しています。
6. アンプル容器の開封やその後の保管方法はどのようにすれば良いのですか?
アンプル容器には,ポイントマークやラインの入っているものなどがあります。以下のページをご参考に開封してください。

開封後の保管は避け,できるだけ速やかに使い切ってください。
アンプル容器を採用している製品には,空気中の湿気や酸素と反応しやすいもの,沸点が低く揮発性が高いもの,臭気が強いものなどがあります。開封後は他容器に移し替えても,アンプル程の密閉性が望めないことから,品質の劣化はもとより火災や中毒など思わぬ事故を招く恐れがあります。
7. 容器内で製品が塊となっているのですが?
常温付近に融点がある製品の中には,結晶化しにくく粉砕機で粉末化しようとしてもその際に発生する熱により融けてしまい粉体として製品化しにくいものがあります。そのため,製品化の際には融解し液体として小分けせざるを得ないのですが,お客様のお手元に届いた時点では固化して塊となっていることがあります。また,粉体として製品化した場合であっても,保管温度により溶融し,これが固化して塊となることがあります。品質的には特に問題はありませんので,固体になっている場合は融点より10~20℃ほど高い温度で完全に融解して使用してください。完全に融かさないで使用しますと品質に差がでる場合があります。融かし方は製品によって異なりますが,温蔵庫,水浴などで融かしてください。但し,製品によっては,吸湿分解しやすいものもありますので,融解方法は製品に適切な方法で作業を行ってください。
8. 食品添加物や医薬品などの用途に使えますか?
官封食用色素(弊社製品等級FC),医薬品原薬(主に化成品)など,特に表示のあるものを除き,収録した試薬・化学薬品は,医薬品,医薬部外品,化粧品,農薬,殺虫剤,食品添加物,家庭用化学薬品など,試験・研究以外の用途に使用することはできません。誤った使用による事故,保障については,当社は一切の責任を負いません。

その他の質問