text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

低分子半導体ビルディングブロック

 低分子系有機半導体の特徴として,化学的に純粋な化合物を単離でき,単結晶による構造解析が可能であること,真空蒸着による薄膜の作成および材料の精製が可能であることが挙げられます。無機材料に比べると有機材料の特徴は,炭素を中心とするその骨格の多様性にあります。すなわち,有機合成により光吸収や発光,エネルギーレベル,溶解性などの物理的性質を精密に制御でき,用途に合った材料の創出が可能となります。また,従来から知られるカップリング反応を用いることで,π骨格同士を連結させπ電子系を拡大することができます。特にパラジウム,銅等の遷移金属触媒を用いたクロスカップリング反応は,様々な材料を系統的かつ迅速に合成できる強力な手法であり,新規材料開発になくてはならない手法となっています。下記の試薬リストには,ハロゲン,ボロン酸(エステル),スタニル基,アミノ基,ホルミル基などの活性基を持った有機半導体ビルディングブロックを数多くそろえてあります。

以下の構造毎に分類してご紹介しています。

低分子半導体ビルディングブロック カテゴリーから探す