text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

溶解度向上試薬 [機能性材料ビルディングブロック]

 アルキル基は分子のπ共役に強く関わっていないため,分子の電子的な特性には大きく関与しないと言えます。しかし,分子が集合した固体状態におけるアルキル基の役割は大きく,アルキル基を導入することでその溶解度や融点などに変化を与えることが可能です。特に有機デバイスなどの分野においては,溶液塗布による製造,印刷技術を用いた大面積化が望まれており,アルキル化を始めとする溶解度向上のための誘導体化が行われています。また,長鎖アルキル基を有機分子に導入することで,液晶材料を合成できることも知られています。

溶解度向上試薬 [機能性材料ビルディングブロック] カテゴリーから探す