text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

オリゴ核酸分析用試薬

オリゴ核酸構造を有する医薬品の発展に伴い、その分析手法の重要性が増しています。弊社ではオリゴ核酸のHPLC分析用の緩衝液やその調製用試薬を取り揃えております。

例えば、逆相クロマトグラフィーでのオリゴヌクレオチドの精製と分析における緩衝液として汎用されている、酢酸トリエチルアンモニウム溶液1)をご用意しています。また、オリゴヌクレオチドのLC-MS分析においてESI検出の感度が向上することが知られている、トリエチルアミンと1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロピルアルコール (= HFIP)の混合水溶液2)の調製用試薬などもラインナップしています。

弊社では、これらの試薬について、オリゴヌクレオチドの分析対象波長付近に吸収をほとんどもたないことを保証しています。これらは必要に応じて希釈し、任意の量を混合することで分析系に応じた緩衝液を調製してご使用いただけます。

引用文献

ページトップへ

セッション情報
セッションの残り時間は10分です。このまま放置するとセッションが切れてホーム(トップページ)に戻ります。同じページから作業を再開するために、ボタンをクリックしてください。分です。このまま放置するとセッションが切れてホーム(トップページ)に戻ります。同じページから作業を再開するために、ボタンをクリックしてください。

セッションの有効時間が過ぎたためホーム(トップページ)に戻ります。