text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

蛍光プローブ, 蛍光標識剤, 蛍光染色剤

 生命科学の分野において,蛍光標識や蛍光染色は基礎から応用に至る幅広い領域で用いられています。例えば,核酸やタンパク質の定量,電気泳動,DNAシークエンシング,フローサイトメトリー,顕微鏡観察などにおいて利用され,蛍光検出により高感度に測定することが可能です。
 また,生体内で起こる現象を個体や組織において分子レベルで捉える手段として,蛍光イメージングが昨今飛躍的に利用されています。組織や細胞を破壊することなくリアルタイムでのイメージングが可能であることから,疾患の基礎研究などに応用されています。
 

 

参考文献

  • 1)Fluorescence Spectroscopy in Biology, ed. by M. Hof, R. Hutterer, V. Fidler, Springer, Berlin, Heidelberg, 2005.
  • 2)Cell Imaging Techniques, ed. by D. J. Taatjes, J. Roth, Humana Press, New York, 2013.