text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

シアニン [蛍光標識剤]

近赤外ウインドウで利用可能なヘプタメチンシアニン色素

Cyanine3、Cyanine5、Cyanine5.5、Cyanine7およびIndocyanine Green (ICG) [I0535]のようなシアニン色素は、生物学的用途で重要な化合物です。その中でも、ヘプタメチンシアニン色素であるICGは、近赤外ウインドウ(約800 nm)に吸収波長と発光波長を有し、心拍出量・肝機能・肝臓・胃の血流の測定、また眼科血管造影のために使用されています。しかしながら、ICGは組織に非特異的であり、ある特定の組織を染色することはできません。一方、へプタメチンシアニン色素に官能基を導入し、それを介した抗体などのタンパク質とのコンジュゲーション体を、特定の病気の診断、特定の組織での薬物放出や蛍光ガイド手術(Fluorescence-guided surgery)に利用する研究が行われています1-6)。特にモノクローナル抗体(mAb)との複合体であるNIRフルオロフォアーmAb複合体(NIR fluorophore-mAb conjugates)は、腫瘍ターゲティングのための造影剤として有用です。このような抗体などとのコンジュゲーション可能な近赤外色素として、ICGのポリメチン骨格部分にカルボキシ基が付加された構造を有するシアニン色素を紹介します7,8)。ICG Carboxylic Acid [O0574]は溶解性や生体分子との特異的反応性などを始めとして、ICGとは近しくも異なる特徴を有する近赤外色素としての利用が期待できます。例えば、ニトロレダクターゼによって蛍光をターンオンできる細胞低酸素イメージング剤が報告されています9)

TCIでは、ICG Carboxylic AcidをICGよりも安価にご提供可能です。包装単位は1 gと5 gをご用意しており、大量合成のご相談にも対応致します。

Indocianine Green (= ICG)

ICG Carboxylic Acid

IR 754 Carboxylic Acid

IR 775 Chloride

IR 783

ICG Carboxylic Acid以外にもIR 754 Carboxylic Acid [C3693]、IR 775 Chloride [I1026]、IR 783 [I1031]をご提供しています。IR 783は、ポリメチン鎖の塩素部位にアルコール、アミン、チオールおよびフェニルボロン酸によりコンジュゲーション可能な官能基が導入できるため、抗体を始めとしたタンパク質とのコンジュゲーションに利用できます2,10)

製品

ページトップへ

励起・蛍光波長スペクトル

ICGの励起・蛍光波長スペクトル

O0574の励起・蛍光波長スペクトル

C3693の励起・蛍光波長スペクトル

ページトップへ

利用例

アミノ基へのラベリング 11,12)

アミノ基への蛍光ラベリング

ページトップへ

引用文献

ページトップへ

5 件表示( 件中)
詳細を見る:  リスト
製品コード C3693
CAS RN 2311980-68-2
純度(試験方法) >80.0%(HPLC)

製品コード O0574
CAS RN
純度(試験方法) >80.0%(T)(HPLC)

製品コード I1026
CAS RN 199444-11-6
純度(試験方法) >90.0%(N)

製品コード I1031
CAS RN 115970-66-6
純度(試験方法) >98.0%(HPLC)

製品コード C3567
CAS RN 146368-13-0
純度(試験方法) >98.0%(HPLC)

製品コード:   C3693 | 純度(試験方法)   >80.0%(HPLC)

製品コード:   O0574 | 純度(試験方法)   >80.0%(T)(HPLC)

製品コード:   I1026 | 純度(試験方法)   >90.0%(N)

製品コード:   I1031 | 純度(試験方法)   >98.0%(HPLC)

製品コード:   C3567 | 純度(試験方法)   >98.0%(HPLC)