text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

重合触媒

 1953年,Zieglar-Natta触媒の発見により高密度ポリエチレンが合成できるようなりました。その後開発されたメタロセンなどの遷移金属が,配位アニオン重合によるポリオレフィンの重合触媒として利用されています。また,2005年にノーベル賞の受賞対象となった開環メタセシス重合では,遷移金属カルベン錯体が触媒として使われています。
 導電性高分子の合成に利用されている熊田-玉尾クロスカップリング反応用の触媒なども紹介しています。

pdf