text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

CAS RN: 1467-79-4 | 製品コード: D1150

Dimethylcyanamide


純度(試験方法): >98.0%(GC)
別名:
  • ジメチルシアナミド
ドキュメント:
25ML
¥13,700
23   1   お問い合わせ

・川口,尼崎倉庫の在庫は即日,その他の倉庫は2〜3営業日以内の出荷となります。 川口,尼崎倉庫からの配送対象エリア は各々異なります。納期に関するご質問は営業部までお問い合わせください。 [本社営業部]Tel: 03-3668-0489 [大阪営業部]Tel: 06-6228-1155
・表示している価格は本体価格で,消費税等は含まれておりません。
・最大包装単位の20倍以上の量をご入用の場合は,「大量製造見積依頼」ボタンをクリックし専用フォームでお問い合わせください。一部の製品についてはご希望に添えない場合もございますので,予めご了承ください。
・弊社では常に保管条件を最適化するための見直しを行っています。最新の製品保管条件はホームページ上に記載されたものとなりますので,ご了承ください。


製品コード D1150
純度(試験方法) >98.0%(GC)
分子式・分子量 C__3H__6N__2 = 70.10 
物理的状態(20℃) 液体
保管温度 0-10°C
不活性ガス充填 不活性ガス充填
避けるべき条件 湿気(分解),熱
CAS RN 1467-79-4
Reaxys Registry Number 506093
PubChem Substance ID 87567702
SDBS(産業技術総合研究所スペクトルDB) 3776
MDL番号

MFCD00001767

規格表
外観 無色~うすい黄色透明液体
純度(GC) 98.0 %以上
物性値(参考値)
沸点 164 °C
引火点 71 °C
比重 0.89
屈折率 1.41
溶解性(可溶) アルコール,エーテル,アセトン
GHS
絵表示 Pictogram
注意喚起語 危険
危険有害性情報 H310 : 皮膚に接触すると生命に危険。
H301 : 飲み込むと有毒。
H332 : 吸入すると有害。
H227 : 可燃性液体。
注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。
P261 : 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること。
P270 : この製品を使用するときに,飲食又は喫煙をしないこと。
P262 : 眼,皮膚,衣類につけないこと。
P210 : 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。禁煙。
P271 : 屋外又は換気の良い場所でのみ使用すること。
P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。
P280 : 保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。
P370 + P378 : 火災の場合:消火するために乾燥砂 , 粉末消火剤 (ドライケミカル) または耐アルコール性フォームを使用すること。
P361 + P364 : 汚染された衣類を直ちに全て脱ぎ,再使用する場合には洗濯をすること。
P301 + P310 + P330 : 飲み込んだ場合:直ちに医師 に連絡すること。口をすすぐこと。
P302 + P352 + P310 : 皮膚に付着した場合:多量の水と石けん(鹸)で洗うこと。直ちに医師に連絡すること。
P304 + P340 + P312 : 吸入した場合:空気の新鮮な場所に移し,呼吸しやすい姿勢で休息させること。 気分が悪いときは医師に連絡すること。
P403 + P235 : 換気の良い場所で保管すること。涼しいところに置くこと。
P405 : 施錠して保管すること。
法規情報
消防法 危-4-3-III
RTECS# GS6475000
輸送情報
UN番号 UN2810
クラス 6.1
包装等級 II
利用例
アミジン骨格の導入に有効なN,N-二置換シアナミド誘導体

アリールアミジンの合成1): バイアルにトリフルオロ酢酸パラジウム(13.3 mg,0.04 mmol),6-メチル-2,2’-ビピリジル(10.2 mg,0.06 mmol)およびメタノール(3.0 mL)の混合物を5分攪拌し,ジメチルシアナミド(1 mmol),トリフルオロボラート(1.1 mmol)およびトリフルオロ酢酸(228 mg,2 mmol)を加え,空気中でバイアルに直ちに蓋をして120 °Cで20分間マイクロウェーブを照射する。反応溶液を炭酸水素ナトリウム水溶液(20 mL)で希釈し,ジクロロメタン(20 mL)で洗浄する。有機層を炭酸水素ナトリウム水溶液(2 x 20 mL)で抽出し,水層を合一後,水酸化ナトリウムでpHを約14に調節する。この水層をジクロロメタン(3 x 60 mL)で抽出し,有機層を合一して乾燥後,濃縮することで純粋なアミジン誘導体が得られる。

[2+2+2]付加環化反応による2-アミノピリジン誘導体の合成2): ヨウ化鉄(7.8 mg,0.025 mmol)とdppp (21.2 mg,0.05 mmol)をグローブボックス中で量り取り,乾燥させたシュレンク管に移す。次に蒸留THF (2 mL)を入れる。この溶液を室温で30分攪拌すると橙色の溶液が得られる。これに亜鉛粉(3.3 mg,0.05 mmol)を加えて30分攪拌後,ジイン体1 (0.5 mmol)とジメチルシアナミド(2.5 mmol)を加えて24時間攪拌する。溶媒を留去し,粗生成物をフラッシュクロマトグラフィで精製することで,環化体2が収率92%で得られる。

文献


PubMed Literature


関連書類 (分析チャートがご提供できない場合もありますので予めご了承ください。)
SDS
言語を選択してください。

SDSが見つかりません。

お手数ですが,こちらの フォーム よりお問い合わせください。

規格表
試験成績書・各種証明書検索
ロット番号を入力してください ロット番号が正しくありません
分析チャート
ロット番号を入力してください ロット番号が正しくありません

大変申し訳ありません。お探しの分析チャートはご提供することができません。ご不便をおかけして誠に申し訳ございません。

その他の書類