text.skipToContent text.skipToNavigation

Maximum quantity allowed is 999

注文本数を選んでください。

糖鎖化学・糖鎖生物学 [グライコサイエンス]

 糖鎖機能と構造との関係解明のアプローチの一つとして構造の明確な糖鎖を合成し,機能の評価をすることが行われています。糖鎖の合成は無保護の糖から出発し,結合部位,あるいは立体制御を考慮した合成原料が必要となります。多段階を要する糖鎖合成の簡略化を行うためには糖供与体,糖受容体に対応するビルディングブロックが有用となります。例えば,糖のアノマー位をp-メトキシフェニル基で保護したp-メトキシフェニルグリコシドは,ワンステップで対応するグリコシルハライドやチオグリコシドに高収率で変換することができ,また,選択的に脱保護することができます。さらにグリコシル化反応条件にも安定な理想的なビルディングブロックです。
 以下に,糖鎖や化学合成用試薬,関連酵素・抗体などをご紹介します。

糖鎖化学・糖鎖生物学 [グライコサイエンス] カテゴリーから探す

セッション情報
セッションの残り時間は10分です。このまま放置するとセッションが切れてホーム(トップページ)に戻ります。同じページから作業を再開するために、ボタンをクリックしてください。分です。このまま放置するとセッションが切れてホーム(トップページ)に戻ります。同じページから作業を再開するために、ボタンをクリックしてください。

セッションの有効時間が過ぎたためホーム(トップページ)に戻ります。